読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HSKぐうたらジャーナル

カメラ、ガジェット、かっこいいもの、かわいいもの、おいしいものが大好きな個人トレーダーのぐうたらな日常をマイペースに綴ります。

【ガ】 極小サイズケータイ、ストラップフォンにぴったりのアクセサリを探すのだ、の巻

f:id:hisoka_maki:20130428002302j:plain

iPhoneを無くしてしまったので、通信費を考えてガラケーにすることに。

昔使っていた初代Preminiよりもさらにちっこい
Willcomのストラップフォンにすることにしました。

このストラップフォン、お菓子のフリスクと同じサイズという驚きの小ささです。

絶対すぐになくしちゃう!…というわけで、ストラップフォン用のストラップと
そのケースを探そう!というお話です。

 

f:id:hisoka_maki:20130426204223g:plain

 

ストラップフォンにはフリスクケースが使える!

そうなんです。先にも書いたとおり、ストラップフォンのサイズはフリスクと一緒。
ならばフリスクを入れる、フリスクケースが使えるのでは!

…って、みんな考えることは一緒だったようで、
にわかにフリスクケースが売れまくるという事態が起こっているようです。

そんな中、現在入手可能なフリスクケースでいちばんよさげだったDiralさんの
フリスクケースを選びました。

f:id:hisoka_maki:20130428002014j:plain

届いた商品はこんな感じ。(※ストラップは別売です。)
裁ちっぱなしのやや薄めの革が使われていて、正直、高級感があるかというと微妙。
ですが、お値段相応といったところじゃないでしょうか。
使い込んでいったらいい飴色になってくれそうです。

まさにジャストサイズ!!

f:id:hisoka_maki:20130428002016j:plain

さすが専用品。ぴったりです!
注意点ですが、ケースからストラップフォンが飛び出るのを防ぐ仕組みはありません。
つまり、ストラップフォン側にカラビナを付けただけだと
いつのまにかケースが無くなってる、という事態になりかねないので気をつける必要があります。

 

f:id:hisoka_maki:20130426204221g:plain

ストラップフォンにつけるストラップを探してみる

ケースからストラップフォンをスムーズに出すためにも
ストラップフォン側にもストラップを付けといたほうがよさそう。

でも、せっかくだからちょっとこだわって選んでみたい…。

ということで探してみたところ、自分の好きなカメラのストラップを発見!
うぎゃー!(興奮) そんなわけで速攻Amazonでポチりました。

f:id:hisoka_maki:20130428002015j:plain

 

よは満足じゃ

さんざん悩んだ末に選んだ品々ですが、結果、自分の満足できるモノに
仕上がってくれました。

難点があるとすれば、ストラップフォンの電波の受信が若干弱いこと…。
デザインをとるか、ケータイとしての実をとるかという悩ましいところですが
ケータイはとにかくシンプルが一番!という人には、いまイチオシの端末です。

f:id:hisoka_maki:20130428002013j:plain

 ではでは、また!

 

f:id:hisoka_maki:20130426204215g:plain

 

 
広告を非表示にする